"ある大学でこんな授業があったという。
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう"

わさびんびん~わさらーのtubuyaki~ (via wasara)

(via c2de6320-deactivated20130106)

photonica 9 「日々ク音」

わたしもゆるく参加させていただきます。

お時間がある方はぜひ遊びにきてください。

photonica9

photonica official website

(Source: qta3)

(Source: kohinki)

入部希望! (Taken with instagram)

入部希望! (Taken with instagram)

フォトショが落ちてもう傷つきたくなくて震えてる (Taken with instagram)

フォトショが落ちてもう傷つきたくなくて震えてる (Taken with instagram)

うおーん!

タイムマシンってなに

なにもタイムマシンできてないょ!

さっきまで触れていたあなたはもういないょ!

二度と会えないの!会いたいょ!

のりのりでぽちぽちやってたのに

フォトショがおちてもうかいりたい

あれ?この画像アートきれてもた

TOKYO ILLUSTRATORS SOCIETY PRESENTS
178人のイラストレーターが描く スマイル
2011年8月30日(火)~ 9月30日(金)
11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕) (by Entelchen3)

「これはもはや食べ物ではなく放射性廃棄物です」。なぜ行政はこうした検査を受け付けないのか、ドイツの記者が原­発­担当大臣を問い詰める。

big thx!

"広島、晴れ

今朝の母との会話。
私「前原って原発推進らしいね、菅さん以外みんな原発推進なんよね」
母「まあ原発がないと電気が足りんけんしょうがないんよ」
私「え!足りるよ、足りんって思わされとるだけよ」
母「足りんよ、どこに足りる根拠があるんね。電気はためられんのんよ」
私「・・・お母さんみたいな人が世の中の大多数なんじゃろうね」
母「電気がたりんかったら、会社も動かんくなって仕事もなくなるんよ、今の生活も出来んくなるんよ、困るじゃろ」
私「今の生活って・・・福島みたいな土地がまた出来る方が困るじゃろ」
母「向こうから疎開する人は西に来るじゃろ、結局は自分の身に降りかからんにゃいいってことなんよ」

私「今年の夏の一番暑い時も電気は結局足りたよ」
母「それはみんなが節電したけんじゃろう」
私「・・・」
母「福島の地震の津波はまあ想定外だったけんしょうがないんよ」
私「私たちは3月16日にこっちに帰ってきたけど、15日の時点で水素爆発しとったの、政府や東電は隠しとったよね。そのせいで子どもたちはいつも通り外に出たけん被ばくしたよ」
母「なんねそれ、政府は隠しとらんじゃろう」
私「隠しとったよ!ずいぶん経ってから「メルトダウンしてました」って発表があったよ」
私「この子らは癌になって死ぬかもしれんよ」
母「・・・」

そ れきり母は黙って家事に戻ってしまった。母のことを悪く言うつもりはない。きっと世の中の大半の人がこういう風に考えているのかもしれない、と改めて思い 知らされるいい機会になった。東京での私や石田さんの周りの脱原発の勢いは凄いし、原発は無くなるものだと思い込んでしまっていた。でもここ数日の前原出 馬の報道にまつわるあれこれを見ていても、どうにもそう簡単にはいかないらしい。そういった報道も、昨日の島田伸助引退の報道でかき消されるだろうという 話さえある。一体この国は、私たちの子どもたちの未来はどうなるのか。脱原発の声をあげないということは、原発推進と同じことかもしれない。同じ環境で暮 らした家族でさえ、3.11以降の意見の食い違いがある。仕方ないことなのかもしれない、でもただただ悲しい。母は、石田さんや私の脱原発に向けた行動な んかを、一体どういう風に思って見ていたのか。行き場のない怒りを母にぶつけてしまったが、もう東京に戻りたいと思った。母に怒りを覚える前に、東京で私 にも出来る脱原発に向けての動きをしなければ、結局また福島のような土地を作ることになってしまうのだ。
その後、福島原発に10メートル以上の津波が来るかもしれないと専門家が数年前に東電に通達していたと、台所のラジオから流れてきた。"

働 けECD

私も実家に帰って家族とこういう事を話すのが怖い。こういう反応が想定内。

(via slowleaner)

(via zcrap)

あそび (Taken with instagram)

あそび (Taken with instagram)